• 転職サイトランキング

必見!信頼できる薬剤師求人サイト&転職エージェント

第1位:ファルマスタッフ

ファルマスタッフ


  • 北海道から沖縄まで対応!
  • 個別面談で一人一人に合った転職を提案!
  • 徹底した職場環境リサーチでミスマッチを防ぐ!
  • 面接同行サービスアリで安心!
公式サイトで今すぐ簡単登録

第2位:薬キャリ

薬キャリ


  • 2012年度薬剤師登録者数No1!
  • 利用者満足度93%!
  • 条件が難しい求人も粘り強く探してくれます!
  • 転職先が見つかるまでがスピーディー!
公式サイトで今すぐ簡単登録

第3位:マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師


  • いろんな条件に対応できる求人情報が豊富!
  • 職場の評判・雰囲気もしっかり調査!
  • こだわりの条件にもコンサルタントが親身に対応!
  • 年間利用者数200万人以上!
公式サイトで今すぐ簡単登録

第4位:薬剤師転職ドットコム

薬剤師転職ドットコム


  • 利用者満足度95.8%!納得のいく転職にこだわりアリ!
  • 第一志望内定率92.4%!面接までのサポートもバッチリ!
  • 面接日時調節はもちろん、面接にも同行!
  • ささいな不安も相談OK!親身に解決してくらます!
公式サイトで今すぐ簡単登録

第5位:MCファーマネット

MCファーマネット


  • 会員登録の所要時間は約3分!簡単!
  • 適正・能力・希望条件をふまえてコンサルタントが求人情報を紹介!
  • MC会員になりポイントが貯まると嬉しいサービスが受けられます!
  • 手間のかかる契約手続きのサポートも受けられます!
公式サイトで今すぐ簡単登録

転職エージェントは何をしてくれるの?

転職エージェントは何をしてくれるの?

転職サイトを利用するメリットは「仕事をしながら、転職先を探すことができる」ということです。

薬剤師の仕事は医師、看護師と同様、激務といわれています。

薬剤師専門転職サイトを利用すれば貴重な休日にハローワークへ出向いたり、求人情報雑誌を片手に希望の転職先へ問い合わせるなどする必要はありません。

ではなぜ「仕事をしながら、転職先を探すことができる」のでしょうか。

それは、薬剤師専門転職サイトに登録すると、専任のコンサルタントがさまざまなサポートを行います。

サポート内容は幅広く、登録時のカウンセリングに始まり、転職希望者に代わり希望に合った転職先を探します。

それだけではありません、転職後のアフターフォローまで親身になってサポートします。

登録時のカウンセリングとは「転職の動機」「これまでの経験や取得した資格」そして「これからの希望」など親身になって聞き出します。

またむやみに転職を勧めるだけでなく、転職すべきでないと判断した場合には仕事を継続できるようにアドバイスもします。

転職をする場合は、希望の転職先と雇用主の条件を照らし合わせ、職場の見学、面接の取次を行います。

また面接にも同席します。

そして面接時に聞きづらいとされる、給与や福利厚生など待遇面も第三者という立場から交渉します。

そして見事転職に成功した場合でも、そこでサポートが終了するのではなく、新しい環境での悩みや雇用条件に相違がないかなどアフターフォローも万全です。



できるコンサルタントを見つけるにはどうしたらいい?!

できるコンサルタントを見つけるにはどうしたらいい?!

転職サイトを利用して転職する場合は、コンサルタントとの相性が最も重要なポイントです。

では「相性の良いコンサルタント」とはどうすれば見つかるのでしょうか。

インターネットで「薬剤師 転職」と打ち込むと、たくさんの薬剤師専門転職サイトが見つかります。

この中から相性の良いコンサルタントを見つけるには、複数の薬剤師専門転職サイトに登録することが一番の近道です。

そして複数のコンサルタントに「転職の動機」「これからの希望」「これまでの経歴」などしっかり伝えることです。

少々面倒ではありますが、複数の転職情報が得られるというメリットもあります。

しかし、こちら明確な希望を伝えたとしても、コンサルタント自体の経験が浅い、複数の転職希望者を担当している場合は注意が必要です。

ひとりでたくさんの仕事を抱えているコンサルタントは、情報収集や報告が遅れがちとなります。

つまり希望に合った転職先をみすみす見逃してしまうことがあるのです。

このような専任コンサルタントが担当となった場合が転職サイトを利用するデメリットといえるでしょう。

相性の良くないコンサルタントの場合、途中で変更が可能なのかを登録時に確認しておくと良いでしょう。

では複数のコンサルタントの中から、相性の良いコンサルタントを見つけるためには、親身になってこちらの話を聞き適切なアドバイスをしてくれる、こまめに転職先の情報を提供してくれる、問い合わせや面接後の経過をすぐに報告してくれるなどを注意深くチェックしましょう。

スムーズに転職活動が進むコンサルタントが相性の良いコンサルタントといえるのではないでしょうか。



コンサルタントに任せっきりはダメ!

コンサルタントに任せっきりはダメ!

転職サイトでは、転職希望者が仕事をしている間に専任コンサルタントが転職先を探してくれますが、登録した転職サイトに自らアクセスして、転職情報を集めることも大切です。

そしてアクセスした際に「トップページに最新情報が掲載されいてる」「情報量が豊富にある」「サイトの更新が頻繁に行われている」これらのことが行われている薬剤師専門転職サイトを選ぶようにしましょう。


新たな職場に希望する条件はいくつある?

新たな職場に希望する条件はいくつある?

どんな職業でも「転職しよう」と決めたら、やっておかなければならないことがあります。

それは自分の希望を明確にすること」です。

希望と一言で言ってもたくさんあります。

どんな仕事がしたいのか、給与はどれくらいが希望なのか、福利厚生、時間外勤務はどれくらいか、休日は年間どれくらいかなど、一度紙に書き出してみると気持ちが整理できる上に、より一層希望が明確になります。

自分の希望をコンサルタントにはっきり伝えることで、コンサルタントは希望に合った転職先を探しやすくなります。

ですがもうひとつ、忘れてはならない大切なことがあります。

「履歴書」「職務経歴書」を作成することです。

これらの書類は初対面の面接官に「自分をアピールする」大切な書類です。

転職が決まるまで何枚も作成しなければならない場合もありますが、面倒がらずに必ず手書きで、空欄のないように記入しましょう。

特に「長所」「特技」「取得した資格」「志望の動機」はしっかりと記入し、写真を必ず貼りましょう。

写真一枚で印象がガラリと変わります。できれば写真は写真館で撮影するのがベストですが、最近ではお手頃価格ですぐにきれいに出来上がると定評のあるボックス型の写真撮影所が街のあちらこちらにありますので、そちらを利用すると良いでしょう。

「これらの書類を作成する時点から面接が始まっている」と言っても過言ではありません。


薬剤師が活躍できる職場にはどんな所があるの?

薬剤師が活躍できる職場にはどんな所があるの?

転職をする場合「給与」「年収」はとても大切なことです。

意外と知られていない薬剤師の活躍の場と、給与、年収を見てみましょう。

薬剤師が活躍しているところといえば「薬局」「病院」です。

まず薬局ですが「ドラッグストア」「調剤薬局」「院内薬局」があります。

ドラッグストアは街のあちらこちらにあり、日用品なども取り扱っています。

病院からFAXなどで送られてきた処方箋に沿って、患者さんのお薬を用意します。

そして患者さんの質問に対してアドバイスをしたり投薬の指導やお薬手帳を用いて薬歴管理をします。

ドラッグストアでは「薬剤師手当」といって5万円から10万円ほど支給されるため、薬剤師の中では比較的高収入となります。

しかしドラッグストアでは日用品も扱っているため、接客業務や商品管理、陳列など薬剤師とは関係のない仕事がある、土日祝日に休むことがむずかしい、時間外労働が多いことがデメリットとなるようです。

調剤薬局では、患者さんひとり一人に合ったお薬を調合します。

患者さんとコミュニケーションを取りながら回復の経過を見守ることができ、やりがいを感じることができます。

また専門的な知識を身につけることができます。

給与面では、院内薬局に比べると少し高めですが、調合報酬の改定により左右されることがあります。

デメリットとしては、小さな店舗の中で限られた人間関係の中で働くため、人間関係で気を使い過ぎストレスをためてしまう人が多いようです。

また専門的な診療所からの患者さんが多い場合は、幅広くお薬を扱うことができません。

院内薬局は、50パーセント以上の新卒薬剤師が希望する人気の就職先です。

薬学部で学んだ知識を存分に生かすことができます。

また医師や看護師と共にチームワークの中で働くことで、やりがいを感じることもあるでしょう。

また患者のカルテを見ることができるので、医学的な方向から薬学を理解することができます。

さらに外来患者だけでなく、入院病棟で患者に投薬指導やアドバイスをすることができます。

デメリットとしては、夜勤や時間外労働が多めです。

またやむを得ず、緊急事態にも対応しなければなりません。

それでいて給与面では薬剤師の中では低めですので、新卒で就職し数年間経験を積んだ後、転職する人も多いようです。

一般的にはあまり知られていないのですが、こんなところでも薬剤師は活躍しています。

それは「製薬会社」「CRO」「CMO」「行政機関」です。

製薬会社では、常に新しい薬を研究、開発しています。

薬局や病院とは違い、接客業務も患者の回復を見守ることもありません。

薬学部で身につけた知識の上に、さらに専門的な知識を身につけることができます。

給与、年収は薬剤師の中では高めとなります。

デメリットとしては、勤務先が製薬会社となりますので取引先は当然ながら病院や薬局です。

薬剤師としての仕事のほかに、医師への接待などストレスのたまる仕事もあります。

「CRO」「CMO」で活躍する薬剤師もいます。

一般の人にはほとんど知られていないのではないでしょうか。

CROとは(Contract Research Organizationの略で)「医薬品開発業務受託機関」のことをいいます。

製薬会社は新薬開発のために臨床試験を行いますが、この臨床試験に関わる一連の業務を代行支援する機関のことをCROといいます。

CROは製薬会社にとってなくてはならない存在です。薬剤師として専門的な知識を身につけることができます。

デメリットとしては、製薬会社と医療機関との間に立たなければならないことです。これによりストレスをためる人が多いようです。

CMOは、(Contract Manufacturingの略で)「医薬品製造受託機関」といいます。

製薬会社から医薬品の製造を受託する機関のことで、CROと同様に専門的な知識が身につきますが、医薬品の製造ということで責任も重くなります。

そのほか薬剤師が活躍する場には行政機関もあり、「保健所」「研究所」「薬事情報センター」「自衛隊」「麻薬取締官」などです。

行政機関なので、公務員として勤務することになります。

給与、収入面では薬剤師の中では比較的安定しています。

しかし職種によっては、特殊な内容ですのでやりがいを感じることもありますが、薬学の知識を存分に生かすことができない職種もあります。

転職した後に後悔の無いよう、仕事の内容を事前に調べておく必要があります



ブランクが心配な人必見!復職を成功させる方法は?!

ブランクが心配な人必見!復職を成功させる方法は?!

最近の医療の現場では、女性の医師、男性の看護師や介護士の存在は当たり前になりました。

薬剤師も同様、男性も女性も存在します。

患者によっては女性の薬剤師の方が話しやすく安心だという人もいるでしょう。

ですが、女性の薬剤師は数年間務めると、結婚や出産のため一時期ですが仕事を離れてしまう傾向があります。

それはやはり家庭や育児と両立が難しいくらい激務だからです。

ですが、せっかく薬学部で身につけた知識と資格です、出産や育児が一段落したあとに生かしてほしいものです。

実際に、復職を望む女性の薬剤師さんはたくさんいます。

そんな女性の薬剤師さんこそ、ぜひ薬剤師専門転職サイトを利用して復職してほしいものです。

特にこれからの時代は少子高齢化が進みます。

増えて続ける高齢の患者さんにとって、家庭を持った女性ならではの柔軟性は安心感につながります。

出産や育児で一時期仕事を離れるということは、当然ながらブランクが生じます。

どんな職業でもそうですが、ブランクが長ければ長いほど復職に対して不安も大きくなるものです。

また医療の現場は日々進歩しているため、その進歩についていけるか不安になるのも当然です。

そんな復職を望む薬剤師さんのために「ブランクのある薬剤師を対象とした支援プログラム」というのがあります。

プログラムの内容としては「保険調剤のフロー」「調剤報酬」「処方箋の見方」「薬歴記入」「投薬・服薬指導」ほか「患者対応マナー」などです。

このプログラムを実施しているのは大手の調剤薬局、医療系の人材紹介サービスとなっています。

このようなプログラムに積極的に参加することで、ブランクに対する恐怖を乗り越えて復職している、女性薬剤師も増えています。

薬剤師専門転職サイトにも「ブランクがあっても採用可能な医療機関、薬局」「ブランクのある薬剤師さんの相談窓口」またブランクがあるからこそ、薬剤師専門転職サイトに登録して復職を目指す人もたくさんいます。

復職に対して不安があるときは、専任のコンサルタントに相談すれば親身になってアドバイスをしてくれるでしょう。



現在そしてこれからも医療現場は日々進歩していくことでしょう。

少子高齢化が進むにつれ、医師、看護師、薬剤師など医療従事者はさらに高い知識と豊富な経験が求められることでしょう。

薬剤師の仕事は決して、楽なものではありません。

激務といわれるなかで希望どおりの転職を実現するためにも薬剤師専門転職サイトを利用することをお勧めします。



信頼できる薬剤師求人サイト必見ランキング!

転職を考えている薬剤師の方で「新しい職場では長く働きたいけれど、どうやって求人を探せばいのいだろう?」と悩んでいる方も多いのでは?


そんな方に求人を探す時に押さえておきたい3つのポイントをご紹介しています。



余裕のある企業かどうかを見極める



安定した収益を出せている企業は福利厚生も充実しています。


見極めるポイントの一つが社員の人数です。


ぎりぎりの人数ではなく、社員の休みを想定した休暇の取りやすい職場は余裕のある企業の特徴ともいえます。


何名の薬剤師で運営を行っているのか確認してみましょう。



調剤薬局の安定性を見極める



①処方元の医療機関に患者様が集まっているかどうか?

②大手チェーン薬局は薬を一括購入できるため利益率が良く有利です。

③経営状況にあった年収を出しているか?

この3つが見極めるポイントとなります。



転職先の職場情報を集める



長く働ける職場とは、希望の条件とは別に職場の雰囲気も重要です。


複数の店舗をっ展開しているドラッグストアなどの場合、企業の情報よりも実際に働く店舗の情報をしっかり調べておきましょう。



薬剤師転職サイトに登録する事が転職成功の第一歩!

求人を探す時のポイントはわかっても、個人で薬剤師の求人情報をたくさん集めるのは時間も労力もかかってしまいます。


手間なく簡単に希望条件を満たした求人情報を集める方法は、薬剤師転職サイトに登録する事です。


条件のいい求人情報は非公開で募集しているのが今やあたりまえ!


薬剤師転職サイトに登録すると、そんな好条件求人も紹介してもらう事ができますよ!


その他にも、プロの転職エージェントが面接・履歴書作成の指導をしてくれるなど、転職活動を全面的にサポートしてくれますよ!


なんと言っても、薬剤師転職サイトは無料で利用できるのが嬉しいですね!


費用を一切かけずにプロのサポートが受けられるんですから登録しないなんてもったいないですよ!


薬剤師の不足原因や求人動向について

薬剤師の不足原因や求人動向について、説明します。


現在、インターネットなどで、薬剤師の求人情報をたくさん見かけます。


これは、薬剤師が不足しているからです。


主な原因として、次の様なことが挙げられます。


まず、調剤薬局の場合、1日当り40枚の処方箋に対して、薬剤師を1人置く必要があります。


さらに、医薬分業の普及によって、病院や医院の近隣に調剤薬局が次々と開設されたため、この薬局数増加に、薬剤師の供給が間に合わなくなっています。


また、ドラッグストアの場合、薬を販売する認可を受ける為には、薬剤師を置く必要があります。


しかし、今後、求人動向は、大きく変化する可能性があります。


登録販売者制度の施行により、ドラッグストアの薬剤師は、現在ほど必要でなくなるので、その分、薬剤師需要が減る可能性があります。


また、薬学部の新設が増えているので、薬剤師国家試験合格者も増えて来るため、その分、薬剤師供給が増える傾向にあります。


薬剤師の面接で聞かれる事とは?

面接

P>最近では薬剤師の面接で求められることのハードルが上がってきているようです。


それには2つの理由があり、その一つが、条件の良い求人や人気エリアの求人では応募が殺到する事も多く、採用担当者も人材を選ぶという意識が強くなってきているという事です。


面接での回答を厳しくチェックし判断を行うという所も増えてきました。


特に重要視される質問が応募の動機です。


応募する薬局の特徴を事前にチェックし、しっかりとした志望動機を伝える事ができるように準備しておく事が必要です。


もう一つの理由が採用コストや人権費のむだを無くす方針の薬局が増えてきているという事です。


その為、長く働いてくれる人をしっかりと選ぶ傾向がでてきているようです。


よってプライベートと仕事の両立が可能か・仕事に取り組む意欲が高いかなど厳しく見られる事になります。








同じカテゴリーの最新の記事