• 転職サイトランキング

薬剤師が年収1000万円を手にするための具体的な方法とスキル

平均年収

薬剤師とは専門家として処方箋に基づき医薬品を調剤したり、消費者に飲み方、安全上必要な提供を行ったりする者のことです。


〈薬剤師 収入結果〉

平成22年の薬剤師の平均月収は37万円そこから推定される推定年収(ボーナス込)は518万円平均時給は2,124円でした。

月収、時給ベースでも年収と推移を見せています。

勤務先ではドラッグストアが人気!

薬剤師の勤務先は大きく分けて4つに分かれ、各年収目安は以下のようになります。

     
  • 1.調剤薬局・・・約400~650万円
  •  
  • 2.ドラックストア・・・約400~700万円以上(店長クラス)
  •  
  • 3.病院・・・約400~650万円
  •  
  • 4.製薬会社・・・約400~800万円

調剤薬局と同等の400万円からスタートして、店長クラスにまで昇格すると、薬剤師として年収700万円越えも期待できます。

営業職には薬剤師の資格は必要ありませんので、仕事とはかけ離れているように思えます。薬局やドラッグストア勤務で高い専門性と安定した収入を。

薬剤師は独立開業もできますが、あまりおすすめはできません。

ドラッグストアなどがライバルになりますので、資本力、ブランドイメージの差は明瞭になります。

薬剤師の本来の活躍の場は、従業員としてで、薬局、ドラッグストア勤務などです。

薬剤師は、薬局やドラッグストアに勤務することで安定した収入を得ることができます。

ドラッグストアでは有資格者があまり多くいませんので、薬剤師としての高い専門性を発揮することがでるでしょう。


年収1000万円におすすめの職場

話す

薬剤師として年収1000万円を稼ぐのはどうしたらよいでしょうか。

ここ数年間の薬剤師平均年収は約530万円程度です。

つまり平均年収の2倍を稼ぐ必要があります。

しかし決して不可能な金額ではありませんし、薬剤師として年収1000万円以上を稼いでいる方々も大勢います。

どんな働き方があるでしょうか。

まずおすすめは製薬会社や医療機器メーカーなど企業のMR職として働くことです。

これは必ずしも薬剤師としての資格が必要な職種ではありませんが、薬学に関わる専門知識があることで有利になる場面が多々あります。

MRとは医薬情報担当者として自社の製品や医薬品を病院や各医療関連機関に営業することが主な業務内容になります。

自社製品に関わる正確な情報を提供し医師などからの信頼を得ることが必須です。

企業で働く場合、成果主義で収入を算定されるケースが多いため若い薬剤師であっても、仕事で結果を出すことで1000万円もの年収を手に入れることができます。

次の方法としては調剤薬局を独立開業することです。

個人経営をすることで年収の大幅アップに成功した薬剤師が多くいます。

薬局を開業することで平均年収が約1000万から1500万円程度になるという調査結果もあります。

薬剤師が少ない地方へ転居することで収入を一気に上げることもできます。

とりわけ中小規模の調剤薬局は給与形態が高く、その中でも地方都市では都心部よりもさらに高く設定されている傾向があります。


1・調剤薬局を開業する際のメリットとデメリット

薬剤師の中には自分の理想とする調剤薬局を将来的に開業することを目標にしている方も多くいます。

また勤務薬剤師よりも、独立することで年収を大幅にアップできるという話もよく耳にします。

独立開業に伴うメリットとデメリットにはどのようなものがあるでしょうか。

まず自分の思い描いている調剤薬局を経営できるという点があります。

勤務薬剤師の時にはどうしても経営者の理念や方針にしたがって仕事をしなければいけません。

開業をして、自分が納得できる方針や地域に合った薬局経営をすることで、一層のやりがいや充実感を得ることができます。

そして経営が軌道にのれば年収アップを望めます。

薬剤師の平均年収は約500万円前後です。

独立開業した薬剤師の中には年収1000万円以上が可能になったケースもあります。

また自分が経営者なので定年がなく働き続けることができるのもメリットの一つです。

独立のデメリットも確認しておきましょう。

これまでは調剤業務や薬歴管理などの薬剤師としての仕事だけでしたが、開業した場合は経営者としての仕事もこなさなければいけません。

様々な事務仕事や手続きがあるため、今まで以上に忙しく働くことになります。

思ったように売上が伸びないとストレスの原因ともなります。

薬剤師不足という現状も覚えておく必要があります。

求人募集を出している薬局や病院などは数多くあるため、優秀な薬剤師を見つけて雇うのは簡単ではありません。

それなりの好条件が必要になるでしょう。


2・独立開業する薬剤師の年収

医者

調剤薬局を開業する薬剤師の年収は幾らくらいでしょうか。

地域性も大きく関係しますが、約1500万円から1800万円が平均的な年収となります。

しかし初年度からこの年収を得ることは期待できません。

開業後にどれ位早い段階で、経営を軌道に乗せることができるかが勝負になります。

薬剤師一人が1日に約40枚程度の処方箋をさばくことができれば、経営を黒字にすることができると言われています。

しかし、病院やクリニックの周辺には既に幾つかの薬局があるかもしれません。

一気に売上を上げることは期待できないため、可能であれば数店舗の薬局を経営することでリスクを軽減させることができます。

責任や仕事量が増えるなどの要因を考えた時、年収アップのために独立することはおすすめできません。

しっかりとした自分の理想や、変わらない熱い思いを持つことが成功には必要です。


年収1000万円を稼ぐために必要なスキル

話す

まず企業で働く薬剤師には英語力が非常に重要となります。

とりわけ外資系企業は給与が高く年収1000万円以上も可能ですが、ほとんどの業務が英語で行うことになります。

また常に新たになる医学や薬学に関わる情報を取り入れ続ける向上心も求められるのは言うまでもありません。

自分で調剤薬局を開業することを考える場合は、薬剤師としてのスキルに加えて経営能力も求められます。

どこに店舗を構えるか、どれくらいの薬剤師を雇うかなどあらゆることを自分で決める必要もあります。

地方の薬局で働く場合はどうでしょうか。

基本的な業務内容はどこの調剤薬局でも変わりはありませんが、誰とでも上手に人間関係を築き仕事をする対人コミュニケーション能力が普通以上に求められるでしょう。

薬剤師が年収1000万円を稼ぐことは可能ですが、この金額が平均年収の2倍であることを考えると、あらゆる場面で通常の薬剤師よりも2倍の努力が求められるかもしれません。








同じカテゴリーの最新の記事

  • 未経験からITエンジニアに転職する方法まとめ

    転職を考えるときに、「専門的な技能が手に入る仕事がいい」と考える人が増えています。 専門的な仕事として、よくあげられるものにプログラマなどのITエンジニアがあります。 しかしこのような専門職は、未経験からの転職が難しい印象があり...


  • ITエンジニアの転職に本当に役立つ転職エージェントまとめ

    ITエンジニアの転職に本当に役立つ転職エージェントをまとめました。 ITエンジニアといっても、SEからプログラマーと様々な職種があります。またIT業界は常に人手不足といわれ、数多くの求人があります。 そこでせっかく転職するのであ...


  • 正社員を目指す女性の転職におすすめの転職エージェントまとめ

    正社員を目指す女性の転職におすすめの転職エージェントをまとめました。 女性が正社員として転職するには、幾つか押さえておきたいポイントがあります。 そのポイントを教えてくれたり、手伝ってくれたりするのが転職エージェントのアドバイザ...


  • ノルマがきつくて営業を辞めたくなった時のベストな対処法は1つだけ

    営業職は会社が決めたノルマを達成することができれば、モチベーションもあがりますが、逆にノルマがきつく達成できる見込みがないと非常につらいものです。 ノルマを達成できない月がときどきであればましですが、これが毎月になると仕事を辞めたくな...


  • 大学中退から正社員になる!おすすめの就職支援サービスまとめ

    日本の大学中退率は世界的にみて低いとのことですが、ここ数年は増加傾向にあるようです。 大学を卒業した場合でも、なかなか就職をするときには苦労をしますが、中退をした人はなおさら不安に感じてもおかしくはないでしょう。 そこで、20代向けや学...


  • 第二新卒におすすめの転職エージェントを完全網羅

    「就活で希望の会社に入社できたものの、業務内容が自分に合っていなかった」と、このような悩みを持ち、新たに第二新卒として転職活動をする人は年々増加しています。 しかし、新卒の就活とは違い情報が少ないため、転職活動に苦戦する人も多いようで...


  • 入社1年目にして仕事をやめたくなった時は迷わず転職すればイイんだよ

    苦労をしながら就職活動を頑張って入社したのに、職場になじめなかったという人もいます。 入社1年目で転職を考えるとき、また就職活動をしなくてはと、多くの人が不安に思うでしょう。 そこで、仕事をやめる前に、事前に考えることを見ていき...


  • 中国語を活かせる仕事に転職するために必要な語学レベルの基準

    中国と言えば、GDPが世界第2位(2017年7月現在)と、アメリカに次ぐ経済大国になっています。 ビジネスで海外と取引をするときにも、中国の会社は避けて通ることはできません。 したがって、英語に匹敵するぐらいに中国語の需要も高ま...


  • 外資系転職に失敗したくない人におすすめの転職エージェント

    転職を考えるときにひとつの選択肢として、外資系企業への転職が候補にあがると思います。 また、日本企業からの転職の場合は、外資系企業に向いている人もいるでしょう。 しかし、外資系企業の情報は、日本企業よりも収集することが難しいとこ...


  • ボーナス格差に絶句。年代・企業別平均ボーナス相場まとめ

    「うちの会社はボーナスが無い」ということを、聞くことがあります。うちの会社だけ他の会社はちゃんとあるのにと疑問を感じる人もいるでしょう。 やはり気になるのが、他の人のボーナスの金額です。どのくらいもらっているのか、どんな職業なのか知り...